英語に浸かる
日本でのレスター・タイガース・キャンプで私たちが焦点に置いていることは、教室で座って行うような環境で英語のレッスンを選手たちに教えることではありません。短期間で学ぶには、このアプローチではあまりに限定されるためです。’IMMERSION’とは、’浸かる’という意味。私たちの目標は、選手たちに文化的にも言語的にも完全な『英語』の経験をキャンプで経験してもらうことです。キャンプスタッフは全員英語を第一言語としており、このことによって選手たちが『英語を話す環境』にどっぷり浸かることを可能にしています。着いた時から去る瞬間まで、選手たちは英語で話しかけられ、できるだけ英語を使うように手助けされます。キャンプでは『ソーシャルな英語』が常に使われ、すべての選手はまず英語で話しかけられるため、選手たちには、英語で指示や説明を聞いてその聞いたことを理解しようとし、できる限り英語で回答できるよう心がけてもらうのです!

コーチ陣は、イングランドのレスター・タイガースの経験豊富なコーチングチームです。サポートスタッフや指導スタッフも同様にほとんどがイングランド出身で、イギリスと日本両国で幼稚園から大学まで長年子供達の指導経験がある人材ばかりです。

キャンプではほとんどの外国人スタッフが日本語を話すことができ、また通訳もいますので、ピッチでコーチからの指示を明確に伝えるなど、必要な時に助けることができます。

レスター・タイガース・キャンプで重要な事は、年齢や英語ができるかどうかにかかわらず、すべての選手に、価値のある英語学習の経験を得たと感じてもらうこと、だと考えています。これを達成るための、キャンプでの英語学習の目標はとても明確です。

  • できるだけ英語でコミュニケーションを図ることを心がけてもらう。
  • 外国人スタッフと話すことで自信をつけさせ、英語を話すことに対する『シャイ』や『恥ずかしい』思いを無くさせる。
  • 英語を使うときに間違うことを恐れず、新しい言語を学ぶときには間違いをすることも学習の一部であることを理解させる。
  • キャンプの『文化』がインターナショナルで、英語を使うことがおかしいことではなく『普通』だと思わせるような、英語にどっぷり浸かる体験を提供する。
  • キャンプを終えた後も英語を学びたいという、選手のモチーベーションを上げる。
  • 英語を使って異なる国からの人々と交流することで、ラグビーがグローバルなスポーツとしてみてもらえるようにする。2019年のラグビーワールドカップに向け、外国からの訪問者と英語で話せるということは、世界中からのサポーターが、日本の人々と繋がりワールドカップを楽しむ大きな助けとなることでしょう!英語を話せることは、ラグビーのおもてなしとなるはずです!

キャンプの参加選手と保護者からのフィードバック

 

キャンプ・ワークショップ

2017年のレスタータイガーズワークショップは、スキルとコミュニケーションをテーマに行います。プレーヤーとして、キャプテンとして、そして仲間を鼓舞するために必要なスキルとは。また、コーチと意思疎通を図る上で必要なことは。ワークショップに参加することで、コミュニケーションの向上や周囲を奮い立たせるプレーヤーに成長できます。また、精神面と身体面で何が不足しているのかを把握し、問題解決や批判的思考を養う機会もあります。これにより、ラグビーを通して得られる様々な「成功」について考えを深められるでしょう。

レスタータイガーズ: 強いフィジカル・メンタルの秘訣

各ワークショップでは、以下のスキルが身につくよう指導します。

  • グループディスカッションとコラボレーション
  • 問題解決とクリティカルシンキング
  • 自立的思考
  • 効果的なコミュニケーションスキルの向上

ワークショップ 1: ラグビー未経験者が知るべき事

このワークショップでは、基本的な英語でのコミュニケーションスキルを使って、ラグビー未経験者がプレーをする前に知るべきことを話し合います。このワークショップのみならず、キャンプ中に実施される全てのワークショップに参加するモチベーションを高めるようなアクティビティを多数行います。

ワークショップ 2: ラグビーのポジション毎に必要な身体的・精神的要素

このワークショップでは、各々のポジションにおいて必要なフィジカル・メンタルの要素を話し合います。グループで話し合い、それぞれのグループが導き出した結論を発表してもらいます。

ワークショップ  3: キャプテンに必要なスキルとは

このワークショップでは、キャプテンに必要な個人およびプロフェッショナルなスキルについて話し合います。

ワークショップ 4:チームの士気を高めるトークのイロハ

このワークショップでは、チームの士気を上げ、より良い結果をもたらすために必要なコミュニケーションスキルについて学びます。リーダーは、言葉だけでなく、行動でチームのモチベーションを高めます。リーダーシップを養うにはどうすればよいのでしょうか。

ワークショップ 5 & 6:タレントIDとフィジカルテスト

ラグビーのプレーにおいて、全ての選手は彼らにかかる身体的な要求に応えることが大切です。キャンプではフィットネスのテストプログラムを導入し、選手の身体のフィットネスと向上を観察し評価します。これにより、彼らの基礎的運動スキル( Fundamental Movement Skills (FMS))をモニターし、身体的発達と高いレベルでのプレーをするための最高の機会を提供することができます。

なぜキャンプでフィットネステストをするのか?

フィットネステストは、健康に関する身体的なフィットネスの5つの構成要素ー柔軟性、身体組成、筋力、筋持久力および心肺持久力ーを評価するために使用されます。これにより、以下を確認することができます。

  • 長期アスリート育成  (Long Term Athlete Development (LTAD))
  • スキルの取得
  • 人材発掘と育成  (Talent Identification (TID))
  • パフォーマンスの強化
  • パフォーマンスの維持
  • ケガのリハビリ

テストのデータは、以下を含んだレスター・タイガースのフィットネス・プラットフォームにアップされます。

  • 個人を識別し、育成する
  • あらゆる年齢と能力に対し、個別のプランを作る
  • アクティビティを完全にするためのビデオを含む
  • 同年齢との比較やグループやチーム内での比較ができる、個人の進歩の記録とレポート
  • 保護者と選手のための情報への安全なアクセス

オンラインプロフィールとアンケート

最後のワークショップでは、ワークショップ4と5で行ったフィットネステストの結果が記録されるオンライン・ロッカールームを紹介します。

学習と基礎的運動スキルの習得促進および健康促進のため、フィットネステストの結果を元に自身の強みとさらに発展できるエリアを明確にした、個人のトレーニングプランを選手に提供します。

保護者向けにまた、家庭での子供のサポートのためのログイン情報をキャンプ終了後に提供します。個人向けのトレーニングプランは、子供の身体的向上と健康促進を完全にするためにデザインされています。

通常、アクティビティを行う際備品は必要ありませんので、家庭で簡単に完了することができます!